外壁塗装をすれば住宅が丈夫になる|ひび割れ防止

家

外壁メンテナンスの重要性

作業員

台風被害の多い地域の工事

家のメンテナンスで重要なのは外壁塗装です。定期的に外壁を塗り替えることで家を水漏れから守り、長持ちさせることができます。外壁塗装は専門の業者に依頼するのですが、時期を考える必要があります。例えば愛知県にお住まいなら、台風がやってくるシーズン前に行うのが理想的です。愛知県をはじめとする中部東海地方は台風が接近、または直撃を受けることが多いからです。外壁塗装の時期を決めたら、まず地元の業者を複数選んで見積もりを出してもらい、費用や作業内容で決めます。作業内容の主な流れは、まず業者による近隣への挨拶から始まります。外壁塗装工事では匂いや騒音で迷惑をかけるので、挨拶は必ず行われます。それが終わると仮説の足場工事が始まります。家の外壁の周囲に足場を組んで、塗装を行いやすくするわけです。それが終了すると、外壁にたまった汚れを高圧洗浄します。強烈な水の圧力で壁の中の汚れを落とすのです。その後は外壁の乾燥を待ち、下地調整に入ります。下地は長年の経年劣化によりひび割れたり傷ついていることがあるため、そのような部分を補修するのです。愛知県のように毎年のように台風被害を受けやすいエリアでは、特に下地調整が重要になります。それらの下準備が終わったら、いよいよ外壁塗装の工程に入ります。このように工事が完了したら、依頼主が工事担当者と共に確認作業をします。この時点で不具合などがあれば指摘してやり直しや、補強工事を行います。愛知県だけでなくどの地方でも一般的にはこのような流れで完了します。